ヨットレースのコミッティ

小網代フリートレース 初島 のコミッティに初参加して来ました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

コミッティとはレースの運営や審判を実行する役員とでもいいましょうか。

我艇は5人でコミッティに参加。

 

IMG_6865

 

午前0時スタート(本部艇と網代崎灯浮標の間を通過)

〜初島(反時計回りに廻航)〜網代崎沖灯浮標(赤白浮標を右にみて通過)

〜フィニッシュ(本部艇のマストとアウターマークとの間を通過)

 

レース1時間前に本部艇に乗り込み、月明かりの風もなく穏やかなスタート海面へゆっくり移動。

スタート5分前、参加12艇が暗闇の中から優雅に登場。

初めての静かな月明かりの海面からの景色。彼方に町の灯りや車のヘッドライト。

スタートのラッパの音と共に各艇、舳先を初島に向け水面を滑り出します。

暗闇に消えて行く参加艇の船尾を見送り、ハーバーの自艇で初島到着の無線を待ちながら仮眠。

 

少々のおつまみと梅酒で喉を潤す中、艇を叩くカサカサと小さな音が続く。

漁師曰く、船を齧る虫の仕業。

皆さん、そうおっしゃるが・・・。

 

午前3時半頃、初島廻航の無線連絡。

 

午前6時半、起床。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

爽やかな風と富士山と月。

 

午前7時頃、再び本部艇でゴール海面へ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

最初に姿を見せたのが「アルファ」

その後、続々と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クルージングヨット教室

約半年間の社会人ヨット教室に参加しました。

第一日目、午前中はオリエンテーリング。

その後、応募総数53名の新入生が15〜16艇のヨットに分乗し、それぞれの技量に合わせての講習。

少々の腹ごしらえとクルーの自己紹介の後、艇へ。

画像

 

これから先、お世話になるヨット。

 

さあ、オーナー含め8名乗船でヨットクルージングへ。

画像

仰ぎ見るセールに憧れの南の島の太陽が重なります。

 

帆走の軌跡

横浜市民ヨットハーバーを出て猿島を目指し南下。

途中風が衰え八景島沖で反転、帰港。

画像

 

 

画像

 

 

 

 

ヨットレースを体験

2014年4月20日

お天気は生憎の曇り空。

人生初のヨットレースを体験して来ました。

画像

小網代フリートレース。

以前勤めていた会社の先輩にお誘いを頂き、小網代ヨットクラブへ。

体験乗船させて頂いたのはフェニックス。

実はこの艇、十数年前に同先輩との江ノ島へのクルージングで乗船した懐かしの艇。

細かい所まで手入れをされ、皆さん絶賛しておられました。

お聞きすると、この艇は今日限りで石川県の方へ旅に出るらしく、私にとっては最後の乗船になるでしょう。

時折、太陽が覗く程度の曇り空、風速6〜16ノット、少々寒い程度のクルージングです。

画像

 

9:30のスタート時刻に合わせて、スタート位置に向かいます。

距離:21.5海里、参加艇数:15艇

風向き:北〜北東

画像

 

風の強弱に依って使用するセールを交換して帆走します。

初心者の私はただ指をくわえて見てるだけでしたが・・・手順を覚えなければ^^;

ヨットの先端につける小さめのセールも色々と大きさや形、取り付け方法が有るみたいでした。

画像

見渡す限りの広いコースで風や潮流を選んで、それぞれが沖に浮かんだ小さなブイを周回するヨットレース。

沖に出れば自艇の位置や、折り返しのブイの方角、自艇が何着を帆走しているのかもわからない状況でしたが、

規定時間内に無事ゴール。結果、暫定着順7位

 

気の良い皆さんと楽しいひとときを満喫させて頂きました。

 

しっかりとヨット教室に参加してヨット用語も覚えようと決心するのでありました。

 

 

 

 

iPhone 5 がやって来た!

iPhone 5 white 64GB

今までのiPhone 3G もiPhone 4 も黒だったので、今回は初めて「白」を選択。

触りたいけど、触りにくい美しさ(笑)

音楽を同期するにも、小一時間。容量が大きいと同期にも時間が掛かる事に気付く。

サクッと刺せるカバー

巡り巡って再びTシャツの季節に。
iPhoneをGパンのポケットに押し込んで出掛けると、座る時ヤバそう。
そんな時は、ポケットやベルトにサクッと刺してサッと外せる方式が便利かも!

20120707-114818.jpg